不動産業界における宅建主任者の役割は TOP

このサイトについて

不動産に関わる取引は概して高額な金銭の取引を伴うことが多く、また一般の消費者には分かりにくい複雑な手続きもあります。
そのため不動産取引に関しての専門的知識を持った者が必要であり、設けられた資格が宅地建物取引主任者です。
不動産業の取引をしようとする宅建業者は必ずこの資格の保有者を事務所に置いて職務に従事させなければなりません。
営業や事務など一般的な仕事については必ずしも資格を保有していなくてもかまいませんが、宅地建物取引主任者の有資格者でないとすることの出来ない業務もあります。
その仕事というのは土地や建物などの売買などを行う際に作成される契約書に記名・捺印するという業務、そして重要事項説明書に記名・捺印して説明するという業務です。
重要事項説明書とは取引の対象となる物件についての詳細を記した文書で、これは物件を購入したり借りたりする側の人に対して手渡されます。
物件を売ったり貸したりする側は対象物件が自分の所有であることが普通なので、その物件については良く知っています。
しかし購入したり借りる側は詳細な情報を知りません。
そこで購入する側や借りる側に不公平にならないために、物件についての詳細を記した文書を渡すわけです。
この手続きの中で専門家である宅地建物取引主任者を介在させて、重要事項説明書に記名・捺印し説明するという業務があるのです。

    コンテンツ一覧

    おすすめ情報

    お洒落な茅ヶ崎の賃貸マンションをお探しなら、一度住んでみると離れられなくなる大きな魅力を持った物件がたくさん掲載されているのでオススメです。
    赤ちゃんや大切なペット達にも安全で、より快適な生活を送ることが出来る注文住宅を鎌倉周辺で探しているなら、地元を知りつくした工務店だからこそできる「提案力」・「対応力」・「判断力」で、希望の住宅を提案してくれるのでオススメです。
    通勤・通学に便利!忙しい暮らしにメリットいっぱいの橋本の賃貸情報サイトなら、オール電化のエコな暮らしや、広々としたバスルーム環境が実現できるのでオススメです。
    Copyright(C) 不動産業界における宅建主任者の役割は All Rights Reserved.