不動産業界における宅建主任者の役割は TOP

このサイトについて

不動産に関わる取引は概して高額な金銭の取引を伴うことが多く、また一般の消費者には分かりにくい複雑な手続きもあります。
そのため不動産取引に関しての専門的知識を持った者が必要であり、設けられた資格が宅地建物取引主任者です。
不動産業の取引をしようとする宅建業者は必ずこの資格の保有者を事務所に置いて職務に従事させなければなりません。
営業や事務など一般的な仕事については必ずしも資格を保有していなくてもかまいませんが、宅地建物取引主任者の有資格者でないとすることの出来ない業務もあります。
その仕事というのは土地や建物などの売買などを行う際に作成される契約書に記名・捺印するという業務、そして重要事項説明書に記名・捺印して説明するという業務です。
重要事項説明書とは取引の対象となる物件についての詳細を記した文書で、これは物件を購入したり借りたりする側の人に対して手渡されます。
物件を売ったり貸したりする側は対象物件が自分の所有であることが普通なので、その物件については良く知っています。
しかし購入したり借りる側は詳細な情報を知りません。
そこで購入する側や借りる側に不公平にならないために、物件についての詳細を記した文書を渡すわけです。
この手続きの中で専門家である宅地建物取引主任者を介在させて、重要事項説明書に記名・捺印し説明するという業務があるのです。

    コンテンツ一覧

    おすすめ情報

    観光名所として雑誌に何度も紹介されているお洒落なスポットが多数点在する茅ヶ崎で賃貸マンションを探しているなら、一度住んだら離れることができなくなるような魅力溢れる街で充実したプライベートを過ごし、都内まで電車で1時間以内という好アクセス条件の物件も多数紹介してくれているので、自分の満足いく理想の物件を探せる確率がとても高いのでお勧めです。
    相談を親身になって聞いてくれて、お客様満足度100%を目指して小田原の土地情報を多数掲載し、納得のいく理想の家探しが出来るのでオススメです。
    お客様が思い描いている夢の実現に向けて、しっかりとサポートしてくれる姫路の工務店を探しているなら、手が届かないと思われがちな注文住宅を身近なものへと考え方を変化させてくれるので、無理なく安心して検討することが出来ます。
    ”西川材”という埼玉県西部地区の良質な木材を使用した埼玉の注文住宅なら、住む人の健康や環境にも優しく、個性を引き立てた趣のある世界にたった一つの快適な住まいを提供してくれるのでオススメです。
    誰も住んでいない空家を買い取ることで倒壊の危険や不法侵入者による治安の悪化を防ぐことをモットーにしているこの会社なら川崎周辺の空家を高額で売却することができるので、このような問題でお困りの際には一度相談してみてください。
    費用・立地・広さなど条件を細かく指定して検索したいという方にも便利な細かい検索機能がついている首都圏の貸工場の情報を多数扱っている専門サイトを探しているなら、常時1,800件以上の物件情報を掲載しているので探している物件を見つけやすく、仮にサイト上になくても直に問い合わせることで物件を紹介してもらるので一度利用してみてください。
    Copyright(C) 不動産業界における宅建主任者の役割は All Rights Reserved.